【10月SPルールマッチ】11連勝のデッキを紹介【デュエプレ】

デュエプレ

デュエプレ スタートチャージ10 SPルールマッチ デッキ

2020年10月5日(月)18:00〜10月15日(木)23:59の期間中に開催される「SPルールマッチ」。

10マナ5色スタート、手札2枚からスタートの変速デュエルです。このルールは2度目でしょうか。

ポイントを集め終わったので、今回は11連勝を記録したデッキを紹介します。

11連勝を記録。ヘリオスと白虎、ボルバルで攻める。

デュエプレ スタートチャージ10 SPルールマッチ デッキ

デュエプレ スタートチャージ10 SPルールマッチ デッキ

出典:デッキ編成|DUEL MASTERS PLAY’S(デュエル・マスターズ プレイス)|タカラトミー

デッキURLはこちら

以前のスタートチャージ10ではシルフィが刺さる場面が多かったのですが、自分のクリーチャーも対象故にテンポが悪くなることもありました。

そこでシルフィの代わりにヘリオス・ティガ・ドラゴンと白虎の剣皇ダーク・サラマンダスを採用。

この2枚を全体除去とロストソウルの代用にするので、ロストソウルは入れていません。

手札が2枚スタートなので白虎は初手でも十分に強く、ビートデッキに対してヘリオスも仕事をしてくれます。マナも13まで伸ばしておけば手札or盤面を一掃できます。

マナが潤沢なので、エクストリームクロウラーはアクアポインターやガレックのみならず、白虎とヘリオスも回収して使いまわします。できれば2枚採用したいのですが、1枚しか所持していないので断念。

宝剣は2枚除去できるので、意外と便利。時折、相手に有用カードが手札に戻ることもあるのでケアできるようにデスチェイサーやデーモンハンドがあるときに使うようにします。

ロストソウル対策にガイアクラッシュクロウラーを採用。1枚採用ですが活躍します。自分にも影響はありますが、デスチェイサーは10マナで撃てる、デーモンハンドも12マナあればok、宝剣は対象外なので除去には困らない。また、ヘリオスと白虎がいるので擬似的なロストソウルもできる。

変則的な攻め方として、初手でボルバルザークが来たときはシールドを割りにいきます。10マナスタートのおかげで、除去されてもリバースチャージからボルバルで再特攻が可能で、この戦法も相手によっては有効です。初手からボルバル特攻も侮れません。

もちろん10ターンを迎えるような展開になったら、ボルバルの本領発揮で大活躍。相変わらず10ターン以降に召喚すると、その時点で対戦相手がリタイヤすることが多いので制限後も強さは変わらず。

バルキリー・ドラゴンは10ターンまではヘリオスサーチ、10ターン以降は14マナからボルバルサーチで繋げることができ、非常に優秀。

10ターンまでに14マナ溜めていれば、ヘリオスと白虎のシナジーとバルキリーからボルバルの特攻もできるので、マナに置くカードの選別が重要です。

相変わらずアクアポインターとガレックは優秀なので採用。ランクマッチでもお世話になっています。

新弾も今月末にリリース?

スタートチャージ10はランクマッチより長考する人が少なく、テンポが良いので比較的楽しめました。

SR確定チケットですが今回もまさかのガルバロス。通算7,8枚目だったような・・・。

報酬は最新パックだけでなく、選択したパックを購入できるようにして欲しいですね。

新弾の情報も出ているので、今月末にはリリースされるのでしょうか。未だランクマッチでテンプレデッキと当たることが多いので、多種多様なデッキがランクマッチで対戦できるようになると嬉しいです。



カルビー 業務用ポテトチップス うすしお味 200g×6袋